玄関ドアのリフォーム費用は?内容による相場の違いや気を付けたいポイント

玄関ドアのリフォームと聞くと、大掛かりな工事をするイメージがありますが、工期が1日で完了するお手軽リフォームも増えています。今回は、玄関ドアのリフォーム方法やそれぞれの費用相場、玄関ドアのリフォームで気を付けたいポイントを紹介します。

玄関ドアのリフォーム内容と費用

玄関ドアのリフォームは、工事内容によって費用が大きく変わってきます。

【30万円以下でできる工事内容】

玄関ドアそのものの交換や網戸の設置、玄関収納を増やすといったリフォームは、比較的小規模な工事のため30万円以下で施工可能です。交換だけなので、既存の玄関ドアと同じサイズである必要があります。劣化した玄関ドアを耐久性のあるドアに交換したい、玄関ドアだけでなく靴の収納棚を新しくしたいといったときにおすすめの方法です。

【30万円以上50万円以下でできる工事内容】

玄関ドアの交換に加えて、間口を大きくしたい(ドアを大きくしたい)場合は30万円以上の費用が掛かってきます。間口を広くすると、内装・外装を張り替える工事も必要となるため、その分費用が高くなります。

【50万円以上かかる工事内容】

間口を大きくしたり、土間のデザインを変えたりなど、玄関全体の雰囲気を大きく変える工事は50万円以上の費用がかかってきます。これまでの玄関とは違った印象に作り変えるには、内装・外装をはじめとして天井にまで施工が及ぶ可能性もあります。

玄関リフォームで気を付けたいポイント

玄関リフォームを進めるにあたっては、いくつか気を付けたいポイントがあります。

防犯性の高い鍵を取り付ける

玄関ドアは自宅の顔となるものなのでお気に入りのデザインを選ぶことが大切です。しかし、一方で防犯性の高い鍵を選ぶことも重視しなければなりません。鍵は防犯性の高いディンプルキーやウェーブキー、リモコンで操作する電気錠システムにするなど、取り付ける鍵にもこだわるのがおすすめです。

見積もりは2社以上から取る

玄関ドアのリフォーム業者は、できるだけドア工事の実績が多い会社を選ぶのがおすすめです。その際は、1社に決めてしまうのではなく2社以上から相見積もりを取って費用を比較しましょう。業者によっては同じ工事内容でも費用が変わることがあります。無駄なお金を払わないためにも、複数社から相見積もりを取りましょう。

玄関ドアのリフォームで理想の我が家を手に入れませんか?

玄関ドアのリフォーム費用や費用による工事内容の違い、気を付けたいポイントを紹介しました。玄関ドアは自宅の顔となる場所だけに、デザインも使い勝手も納得のいくリフォームをしたいですよね。今回の記事を参考に、あなたの自宅に合った玄関ドアのリフォームを検討してみてくださいね。