換気扇(レンジフード)リフォーム方法まとめ!交換費用やタイミングを紹介

キッチンの換気扇(レンジフード)を交換すると、掃除が楽になったり、音が小さくなったりなど良いことがたくさんあります。そこで今回は、換気扇のリフォーム方法や費用、リフォームをする最適なタイミングを詳しく紹介します。キッチンリフォームと合わせて換気扇の交換を考えている、換気扇だけ新しくしたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

換気扇のリフォーム方法と費用

換気扇のリフォームには、いくつかの方法があります。

全体を交換

換気扇のリフォームと聞いて一番イメージしやすいのが、古くなった換気扇を丸ごと新品に交換する方法かと思います。最近では、自動洗浄機能がついた商品や節電できる商品なども増えています。既存のサイズと同じものを選ぶ必要がありますが、換気扇を外して新しいものを取り付けるだけなので、工事は1日で完了します。

費用は取り付ける商品のランクによって変わります。また、旧式のプロペラ式の換気扇から近年主流のシロッコファンへの交換は、外壁の工事が必要な場合もあり、その場合は外壁工事に別途費用がかかります。

【交換の費用】

7万円~20万円

パーツのみの交換

古くなった換気扇のパーツのみを交換するという方法もあります。

換気扇が動かなくなった、音がうるさくなったなど故障している場合は、パーツの交換のみで修復できることもあります。パーツ交換の費用は業者によって変わってきますが、換気扇を丸ごと交換するよりは費用を安く済ませることができますよ。

【パーツのみ交換の費用】

1万円~3万円

DIY

換気扇の交換を自分自身で行う方法です。換気扇本体を丸ごと交換するだけなら、既存のものを外して新品を付けるだけなので、できないことはありません。

ただ、これはコンセントを繋げて枠にはめ込んでいる換気扇に限ります。電源に配線を繋げている場合は、電気工事士の資格を持っている人が作業する必要があるためです。

知識がないまま行うと、感電や漏電をする可能性もあります。DIYでの交換を考えている人は、正しい知識を身に着けた上で安全に配慮しておこなうようにしましょう。

【DIYの費用】

換気扇の本体価格のみ

換気扇リフォームのタイミング

換気扇はいつリフォームするのがベストなのでしょうか?具体的には、以下のような異常が出たら業者に見てもらうのがおすすめです。

大きく振動するようになった

吸引力が弱くなった

以前とは違う異音がする

これらの異常は、場合によってはクリーニングをするだけで改善されることもあります。ただ、内部の故障が原因で起きていることもあるため、プロにチェックしてもらうのがおすすめです。

換気扇リフォームで使いやすいキッチン空間を手に入れましょう

換気扇リフォームの方法や費用、タイミングを解説しました。キッチン全体のリフォームをすると費用が高額になりますが、換気扇だけであれば費用を抑えることができますよね。換気扇を交換するだけで、掃除の手間が省けたり、節電したりすることも可能です。毎日使うものだからこそ新しいものに交換して、より使いやすいキッチン空間を手に入れませんか?