猫と飼い主が快適に暮らせるリフォームのポイントを詳しく解説

家でペットを飼っていると、部屋が荒らされたり汚れや傷などに悩まされることが多いですよね。特に猫は爪とぎや毛ぼこり、自由奔放でマイペースな動きで飼い主を翻弄することが多いでしょう。そこでおすすめなのが、猫と快適に暮らせるリフォームです。猫のためにというより、飼い主も今よりもっと猫と楽しめる暮らしをしてみませんか?

今回は、猫と人が快適に暮らせるリフォームのポイントを解説します。

リフォームすれば悩まされない猫あるある問題とは

猫を飼っている家にはどのような悩みがあるのでしょうか。

まず思い浮かぶのは爪とぎです。猫は爪をとぐことでストレスを発散するので、家の壁が引っかかれてボロボロになってしまうことが多々あります。

また、自由気ままな猫の行動で、床などいたるところに傷や汚れがつくことも多いでしょう。さらに飼い主が気づかない場合も多いかもしれませんが、ほのかにペット臭が家の中に漂っている場合もあります。

猫リフォームには、このような悩みを解消してくれるアイデアが豊富にありますよ。

飼い主と猫が快適に暮らせるリフォームのポイント

猫との暮らしの中で起きるさまざまな問題を解消してくれるリフォームを、具体的に見ていきましょう。

腰壁で爪とぎ対策

猫が大好きな爪とぎは腰くらいの高さまである腰壁をつくり、滑りやすい材質にすると良いでしょう。腰壁の上にある壁は異なる材質にします。腰壁の材質は、樹脂製パネルかパイン材がおすすめですよ。

ただし、爪とぎがしづらくなるのは可哀そうなので、別に爪とぎ用のタワーなどを購入してあげると良いでしょう。

メンテナンスしやすい床にする

汚れや掃除をしやすくするには、部分的に交換できるなど、床材をメンテナンスしやすいタイプにしてみましょう。また、猫の毛ぼこり掃除を楽にするために、床を思い切ってバリアフリーにするのもおすすめです。引き戸の隙間や段差などに溜まる毛ぼこりが少なくなって、掃除がしやすくなります。

臭いを吸着する壁紙や天井にする

消臭剤や脱臭機を使う方法もありますが、都度使うよりはリフォームをして、臭いを吸着してくれる壁や天井にするのがおすすめです。ペット臭だけでなく、生ゴミやトイレの臭いなどにも有効ですよ。

さらに床を滑りにくい材質にすれば、猫が走って転倒しづらくなります。

猫と暮らしやすいリフォームをしてみよう

猫がいると起こるさまざまな悩みは、リフォームをすると解消しやすくなります。爪とぎ対策は滑りやすい材質の腰壁に、掃除をしやすくするにはメンテナンスしやすい床材にするなど、ちょっとした工夫でかなり快適な部屋にできますよ。

また、おすすめなのは猫が喜ぶリフォームです。猫が簡単に開け閉めできる猫用ドアを設置したり、柱や壁などにキャットウォークを設置するのも良いでしょう。

飼い主が快適で猫も喜ぶリフォームをして、気持ちの良い暮らしを叶えてみてはいかがでしょうか。