洗面台や脱衣所のリフォームとは?費用・工期・安く済ませるポイント


洗面台の交換や脱衣所のリフォームの費用や工期は、一体どれくらいかかるのでしょうか?

ここでは、費用相場や工期、安く済ませるポイントなどを紹介します。古くなった洗面台のリフォームを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

洗面台のリフォームの費用相場

洗面台リフォームと言っても、工事内容によって費用の相場が大きく変動します。

20万円未満のリフォーム

ユニット洗面台の交換、壁紙や床材の交換など、最低限のリフォームをする場合は、20万円未満の費用で工事が可能です。洗面台や壁紙などのグレードによっては、10万円前後で済む場合もあります

21万円~50万円未満のリフォーム

洗面台リフォームの中でも平均的な相場が、21万円~50万円未満です。洗面台の交換と合わせて、壁紙や床材を一新すると20万円以上となる場合が多いです。洗面台や壁紙のグレードにもこだわり、機能性を重視するとこのくらいの価格になります。

50万円以上のリフォーム

洗面台や内装の交換に加え、バリアフリー設計にする、収納棚をつくる、洗面台の場所を移動させるなどの工事をすると、50万円以上かかる場合があります。洗面台のグレードにこだわっても、50万円を超える可能性もあります。

洗面台のリフォームにかかる工期

洗面台リフォームの工期は、1日~2日ほどで完了する場合が多いです。その間は洗面台が使えなくなるので注意しましょう。ただ、湿気などで壁や床の内部が傷んでいる場合は、修復工事が必要となります。工事費用が高くなる上に、工期も1~2日ほど長くなります。

洗面台のリフォームを安く済ませるポイント

洗面台のリフォームは、工事内容によって変動するということをお伝えしました。ここでは、費用を安く済ませるポイントを紹介します。

壁紙・床材の交換と一緒に行う

洗面台のリフォームでは、壁紙などの交換も一緒に行うと別で工事をするよりも費用が安くなります。例えば、壁紙・床材のみの交換では7~9万円かかるところを、洗面台のリフォームと合わせて行うと、プラス5万円ほどで壁紙などを新しく張り替えることができます。

地元の工務店に依頼する

大手のリフォーム会社に依頼すると、下請けの工事会社への仲介費用が掛かってしまいます。これを地元の工務店に直接依頼をすることで、仲介費用なしで工事をしてもらえます。

余計な費用を抑えたい人は、地元の工務店などに依頼をしましょう。

メーカーにこだわり過ぎない

リフォーム会社では、定価よりも安い価格で商品を提供してくれますが、メーカーによって割引率が変わります。

例えば、TOTOやリクシル、クリナップ、ハウステックなどは、同じグレードの商品でも割引率が異なるため、メーカーにこだわらなければ安く済ませることができます。

見積もりを出してもらうと、メーカーによる割引率も比較できます。大まかな工事内容が決まったら、同じグレードの複数メーカーの見積もりも出してもらうと良いでしょう。

リフォームで快適な洗面台を手に入れましょう

洗面台のリフォーム費用や工期、安く済ませるポイントなどを紹介しました。洗面台や脱衣所は毎日使う場所ですし、老朽化が進むと汚れが落ちにくくなるなど衛生面でも不安が出てくることがあります。古くなった洗面台をリフォームして、綺麗で快適な空間を手に入れましょう。