リフォーム費用の相場はどれくらい?その内訳と安くする方法を解説


家のリフォームを考えるとき、まず先に費用が気になりますよね。リフォームは規模によって費用に幅がありますが、ざっくりとでも良いので相場を知っておくと無駄な費用を抑えられる可能性があります。

今回は、リフォーム費用の内訳と相場を解説し、費用を安くする方法をご紹介します。

リフォーム費用の内訳と相場

リフォーム費用は主に、【施工費】、【材料費】、【諸経費】の3つに分けられます。

施工費は工事をする費用で職人さんの人件費、材料費はフローリングや壁材などの資材や、トイレやキッチンなどの設備、諸経費は現場の管理費や経費などです。

費用相場は、だいたい内装のみで数万円から100万円程度、外装の相場は100万円~300万程度と考えておきましょう。

具体的にはトイレが30万~50万円、キッチンが40万~80万円、お風呂が60万~150万円で、外壁が50万~200万円、耐震補強は100万~200万円ほどです。

リフォーム費用を安くするには?

リフォーム費用には定額がなく、主に工事費用なので相場がわかりづらい面があります。無駄に高い費用を請求され損をしないためにも、リフォーム費用を安くする方法を知っておきましょう。主な方法をご紹介します。

相見積もりをとる

複数の業者に同じ要望を提示して見積もりをもらい比較しましょう。1社だけから見積もりをもらっても、その業者が安いのか否かわりませんよね。複数社に依頼して比較すると、工事方法や建材などでかなり価格が違うのがわかるはずです。実績や信頼性なども同時にリサーチしてみましょう。

材料や設備のグレードを下げる

壁やフローリングの素材、キッチンやトイレの設備などの材料費は、ひとつひとつグレードがあります。システムキッチンなどは、機能面や素材の違いで費用にかなり幅がありますよ。

材料や設備の選択は、ハイグレードな物ばかりにすると予算オーバーになる可能性があるので注意しましょう。細かい部分でも良いので無駄なところはそぎ落とし、グレードを下げたものを選択していくことが重要です。

補助金を利用する

リフォーム内容によっては、国が工事費の一部を補助してくれる長期優良住宅化リフォーム推進事業を利用することができます。また、各地方自治体でもリフォームに関する補助金制度があるので調べてみましょう。

一定の条件を満たしていれば、最大で300万円もの補助を受けられることもあります。

無駄のない投資でリフォームをしよう

リフォームを決断したら、まずは費用の相場を把握することから始めましょう。その中でも材料費はコストダウンがしやすく、グレードを上手く下げることで予算との兼ね合いを調整できます。見積もりは必ず複数社にお願いし、費用の比較をするのがおすすめです。

国や地方自治体からの補助金もよく調べて、無駄のない投資でリフォームを成功させましょう。

理想の暮らしを実現するためには、充実した予算が不可欠です。リフォームを将来的にしようとするのであれば、費用を貯める計画を立てるのも良いでしょう。堅実に費用を貯め業者を選び、無駄のない投資で理想の暮らしを手に入れてくださいね。