キッチンのリフォームを成功させるには?ポイントと注意点を解説

キッチンはライフシーンの中で食に関わる重要な場所ですよね。キッチンの中で「調理スペースが狭い」「収納が少ない」などの不満があるようなら、思い切ってリフォームすることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

今回は、キッチンのリフォームを成功させるポイント注意点を解説します。

リフォーム後のキッチンをイメージする

リフォームすると決めたらまず、キッチンのどこに不満があるかを明確にし、具体的にどうしたいのかをイメージしましょう

理想のイメージを見つけるには、インターネットや本から理想に近いものを選ぶのがおすすめです。施工事例なども参考になりますし、大規模リフォームをするなら間取りまで考える必要があります。さらに、より快適な空間にするために必要な設備を決めていきましょう。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームのだいたいの費用相場は、約50万~150万円と考えましょう。

取り入れたいシステムキッチンのグレードや形状、全体のレイアウトで費用が前後してきます。キッチンの位置を大幅に変えることで給排水の工事が必要になると、100万円は超える可能性が大きいでしょう。

キッチンをリフォームする際は、予算を設定しておくことが重要です。予算を設定せずリフォームを始めると、あれもこれも修繕したり新しい物が欲しくなってしまい、費用がかさんでしまうことがあるからです。使える予算の上限をきちんと設定し、大幅なコストアップに繋がらないプランにすることが大切です。

キッチンリフォームをする際の注意点

キッチンのリフォームをしていくうえで、注意するべき点を見ていきましょう。

ライフスタイルに合ったキッチンを選ぶ

例えば、常に人の目に入るおしゃれなアイランド型キッチンを、忙しく夜しか後片付けができない人が導入してしまうと、ゲストを呼んだ際に山積みの食器を見られてしまいますよね。

モデルルームなどで美しく快適に見えるキッチンであってもすぐに即決せず、自分の生活や部屋の間取りに本当に合っているのかを冷静に見極めるようにしましょう。

壁付け型から対面型にするときはよく下調べを

壁付け型のキッチンは閉鎖感があるので、リビングが見通せる対面型に変える方が多いようです。しかし実際に変えたあと対面型のほうが狭く感じてしまうことがあり、イメージと違ったということが起こる場合があります。

壁付け型は部屋のスペースを有効に活用したスタイルなので、違うスタイルにすると狭く感じてしまう可能性があるのです。壁付け型にもメリットがあることを考慮し、違ったスタイルに変更する際は、仕上りのリアルなイメージを把握しておく必要があるでしょう。

キッチンをリフォームして快適な調理をしよう

キッチンのリフォームは、キッチンのスタイルやグレードにより50万~150万円と費用に幅があります。理想のキッチンイメージと予算のバランスを考えて、必ずしたいこととそうでないことの整理をしていくようにしましょう。

また、キッチンはライフスタイルに合っていて作業がしやすいことが重要です。イメージと違ったり、使い勝手が良くないということが起こらないように注意してくださいね。

理想のキッチンに近づけるには、リフォーム相場を詳しく調べて目標の費用を貯めるのもおすすめです。キッチンリフォームを成功させて、理想のキッチンで調理ができると良いですね。