リフォーム

水まわり

キッチンは毎日使うところです。機能とデザインをキッチンメーカーのショールームなどで実際にしっかりと確認していくことが大切です。
洗面所、入浴のための脱衣スペースや洗濯スペースとして使用頻度と目的の多い浴室と隣接する場合、湿気が多い空間となるため天井や壁・床の仕様にも十分な配慮が必要となってきます。

キッチン 洗面所

浴室は1日の疲れを癒しリフレッシュするための大切な空間です。
ご家族皆様が1日のうちで最もリラックスできるデザインとゆとりが欲しいですね。

トイレで気になることは汚れと匂いです。
便器の機能は進化していますが、壁や床にも掃除しやすい仕様を選択することが大切です。
また、トイレは意外にも湿気がこもるので清潔な空間として保っていくために調質機能のある壁材の使用も効果があると思います。

浴室 トイレ

 

外壁・屋根

屋根や外壁を塗装し修復することで防水性能を回復し、雨漏りを防ぐことができます。
下地処理とヒビや剥がれの修繕を行うなど、きちんとした方法により家の耐久性が大きく変わります。

クロス張替え

クロスを張り替えることで新築のような新しさを取り戻すことができます。
また、クロスの耐用年数は6年といわれています。
6年以上経過すると下地を保護する機能なども低下してくるため、張り替えを検討すべきでしょう。

リビング

LDKは特に過ごす時間が長く、家族のコミュニケーションの中心となる大切な場所です。
使い勝手がよく、リラックスできる心地よい場所にしたいですね。

丸ごとリフォーム

家族の人数は増えたり、子供たちの世帯分離などで減ることもあります。
リフォームで間取りを考える際は、将来のことも見すえ、
ライフステージに対応できる間取りにすることをおすすめします。