住みながらリフォームはできるの?できる工事や注意点などをご紹介

 

リフォームしたいけれど仮住まいはしたくないという人は、住みながらできるリフォームがおすすめです。しかし、住みながらできるリフォームには、できる工事・できない工事があるので注意が必要です。今回は、住みながらできるリフォームの工事内容や注意点を紹介します。

 

住みながらできるリフォームとは?

住みながらできるリフォームには、ある程度制限があります。当たり前かもしれませんが、大規模な工事になるほど住みながらの施工は難しくなっていきます。

住みながらできるリフォームとしては、キッチンや浴室、床暖房の設置などの部分リフォームが挙げられます。部分リフォームは1週間以内の工期で完了します。その間は家の中がごちゃごちゃしてしまうかもしれませんが、生活ができなくなるほどではないでしょう。

 

できない工事とは?

できない工事としては、間取りのリフォームや移設、増設など家全体のリフォームが挙げられます。間取りを変えるとなると、生活する空間がかなり制限されますよね。工期も2週間~1か月かかることもあるので、その間は別の場所で仮住まいをする必要があるでしょう。

 

住みながらできるリフォームの注意点

住みながらリフォームができる工事・できない工事をチェックしてきましたが、工事を進める際の注意点にはどのようなポイントがあるのでしょうか。ここでは、リフォームを進める際の注意点を2つ紹介します。

 

スケジュールを確認する

住みながらリフォームをする際には、全体のスケジュールをきちんと把握することが大切です。いつから水が使えるようになるのか?お風呂が使えるようになるのか?などは、事前に確認しておきましょう。場合によっては、仮設トイレが必要になることもありますし、リフォーム会社によっては仮設トイレを用意してもらえることもありますよ。

 

住みながらだと費用がかさむ場合もある

住みながらリフォームをすると、作業員は住んでいる人に配慮しながら工事を進めなくてはなりません。室内を汚さないように養生をたくさんしたり、防音材を用意したりなど余計な費用がかさむ場合もあります。また、配慮しながらの工事は工期も長くなってしまうこともあるので、短期間で工事を済ませたい人には向いていないかもしれません。

 

住みながらリフォームはできる!

住みながらのリフォームは、工事をしている間は不便に感じることが多くなると思います。しかし、仮住まいを借りる費用を節約できるというメリットもあるので、お金を節約したい人にはおすすめの方法です。

ただ、工事中はホコリや塵などが舞いやすいので、アレルギー持ちの人には向かないという一面もあります。今回紹介した内容を参考にして、住みながらのリフォームも検討してみてはいかがでしょうか?