リノベーションとリフォームの違いとは?リノベーションのメリットも解説

 

「リノベーション物件」という言葉がありますが、リフォームした物件とどう違うのか明確におわかりでしょうか。混同しやすく、似たような意味合いとして捉えられがちな「リノベーション」と「リフォーム」の具体的な違いについて解説します。

 

リフォームとリノベーションの違い

まず、リフォームとリノベーションのそれぞれの内容を知り、違いを理解しましょう。

 

リフォームとは

リフォームとは、床や水回りなど家の中で老朽化してきた部分を直すことです。「reform」は悪い状態を改良するという意味合いがあり、古くなり壊れているような箇所を修復し元に戻すことをいいます。

 

リノベーションとは

リノベーションとは、住まい全体を一新させ、もとの建物や部屋に新たな付加価値を足すために大規模工事をすることです。リフォームのように直したい部分を修復するのではなく、住まい全体の性能をさらにアップさせることをいいます。

 

リフォームとの具体的な違いとは?リノベーションのメリット

新たな価値や理想を求めて行うリノベーションには、リフォームにはないさまざまなメリットがあります。どのような違い・メリットがあるのか紹介します。

 

生活スタイルに合った間取りにできる

リノベーションは、個人の生活スタイルに合った間取りにできます。趣味を楽しめる部屋を作ったり、子供たちが将来別々の部屋が持てるような間取りにするなど、さまざまな生活スタイルの要望に対応することができますよ。

 

好みのイメージを空間で表現できる

リノベーションは、北欧やアジアンスタイルなど自分好みの空間を作り出せます。空間デザインの種類が豊富で自由度がとても高いリノベーションは、理想の部屋に限りなく近い暮らしを実現してくれます。

 

新築を建てるより安く済む

新築を建てるとなると、どうしても割高になる傾向が多いのが現実です。リノベーションであれば家を一から建設することなく、暮らしやすい自分好みの空間に住むことができますし、新築よりも安い予算で済ませることができるでしょう。

 

リノベーションして快適な暮らしをしよう

リノベーションは壊れていたり老朽化した箇所を修復するリフォームと違い、部屋や建物全体を大規模に変えることで生活スタイルに合った間取りを実現できます。新築を建てるのに比べると予算内に収まる可能性が高いうえに、空間デザインの自由度が高く理想に近い暮らしができるでしょう。

今家のどこかをリフォームしようと考えてる方は、思い切ってリノベーションも視野に入れてみてはいかがでしょうか。部分的であっても新築時以上の価値を生み出すことができれば、それはリノベーションとなります。

新しい付加価値を取り入れて、より暮らしやすい快適な生活を送りましょう。