風呂のリフォーム費用は?交換するタイミングや工期・補助金制度もご紹介

古くなったお風呂をきれいにリフォームしませんか?

お風呂は肌に直接触れる場所だからこそ、ケガなく安全に使えることが大切です。今回は、お風呂をリフォームするタイミングや費用、工期、費用を補填してくれる補助金制度を紹介します。

お風呂をリフォームするタイミング

お風呂の寿命は大体15~20年と言われています。バスタブやタイルにヒビが入っていなくても、つなぎ目のコーキング材が劣化し、小さなヒビから水が漏れてしまったりすることもあります。

バスタブやタイルにヒビが入っていたら、肌を切ってしまうなどのケガをしてしまう危険もあります。お風呂の劣化は初期段階なら少しの修繕で済みますが、そのままにしておくと大規模な工事が必要なこともあります。そのため、お風呂のリフォームは早い段階で行うのがおすすめです。

お風呂リフォームの費用

リフォーム費用は工事の内容によって大きく変動します。ここでは、費用別にできる工事の内容をチェックしていきましょう。

50万円~100万円

ユニットバスの交換、在来工法からユニットバスへの交換が可能です。在来工法とは、昔ながらの浴室をつくる工法であり、湯船とタイルなどが別になっています。在来工法をユニットバスへ変更することで、水漏れのリスクがぐんと少なくなります。

ただ、間取りによっては、在来工法からユニットバスの工事も100万円以上になる場合もあります。

100万円以上

在来工法から在来工法、浴室の拡張や移動を伴う工事は100万円以上の費用がかかります。浴室が広ければ広いほど費用は高くなり、グレードの高い素材やオプションをつけることでも費用が増していきます。また、ユニットバスの交換工事であっても、グレードの高いモデルは費用も高くなります。

お風呂リフォームの工期

工期としては、ユニットバス全体の交換も4日ほどかかります。

また、床・壁・天井をリフォームしたり、浴室の場所を移動したりすると、1週間~1か月かかることもあります。

工事の内容によって工期は変わります。

その間はお風呂が使えなくなるので、近くに住んでいる家族を頼るか、銭湯を利用するようにしましょう。

お風呂リフォームも対象となる補助金制度

家族が高齢になると、これまで通りお風呂が使えなくなることもあるでしょう。介護目的のお風呂リフォームは、介護保険の対象となり、最大20万円の補助がもらえることもあります。対象となるリフォームは、手すりの取り付け・段差の解消・滑り防止の床材への変更・引き戸への変更などがあります。

施工業者の中には、補助金の申請をサポートしてくれる業者もあるので、そういったところに依頼するとスムーズです。

リフォームで快適なお風呂を手に入れませんか?

お風呂リフォームのタイミングや費用、工期、補助金制度を紹介しました。お風呂のリフォームは内容によって費用や工期が変わってくるので、自宅のお風呂をどんな風に作り変えたいのかを具体的にイメージすることが大切です。リフォームを通して、家族全員が安全で快適に使える、理想のお風呂を手に入れましょう。