リフォームで快適な書斎を手に入れる!費用相場や注意するべきポイント

 

書斎は、ワークスペースとしてだけでなく、一人で落ち着きたいときにも使えるスペースですよね。書斎があると、読書や手芸などの趣味に集中できますし、気分転換したいときにも便利です。ここでは、快適な書斎スペースをつくる際のリフォームの方法や費用、注意するべきポイントを紹介します。

 

書斎リフォームの方法は間取りによって変わる

書斎スペースを新たにつくる際には、現在の間取りからどの位置につくるのかをイメージすることが大切です。ある程度広さがある間取りなら個室をつくることもできますが、狭い家では通路の途中や階段下など、今あるスペースを有効活用してリフォームをする必要があります。

 

個室型の書斎

個室型の書斎は、2~3畳ほどの広さがあればつくることができます。増築によってつくる場合もありますが、押し入れやベランダを書斎につくり変えるという方法もあります。

 

オープン型の書斎

リビングの一角や通路の途中など、共用部分に書斎スペースをつくる方法です。壁に棚とカウンターをつくり、お気に入りの椅子を置くだけで一人だけのおしゃれな空間がつくれます。階段の踊り場や、階段下などデッドスペースを有効活用できるので、狭い家の中でもつくれるというメリットがあります。

 

書斎リフォームにかかる費用

書斎のリフォームにかかる費用は、棚やカウンターをつくる程度なら10万円前後、間仕切り壁をつくるなら15万円ほどかかります。オープン型の書斎はカウンターや壁を新たに設置するだけなので、費用もそれほど高くなりません。

押し入れなどを個室につくり変えるなら40万円程度、独立した部屋を新たにつくる場合は100万円以上かかることもあります。間取りと予算に応じて、適切な方法を選択しましょう。

 

書斎リフォームで注意するべきポイント

ここでは、快適で使いやすい書斎をつくるポイント、リフォームを進める上で注意すべきポイントを3つ紹介します。

 

リビングの近くにつくる

せっかくつくった書斎も、時間が経つと物置部屋になってしまうことがあります。原因は「リビングから遠いから」「行きにくいから」などが挙げられます。

移動するのが面倒な場所に書斎をつくってしまうと、スペースが無駄になってしまいます。リビングに近い、行きやすい場所につくると、書斎を有効に使いこなすことができますよ。

 

コンセントは多めに設置

書斎ではパソコンやプリンターなど、電子機器を多く使うことが想定されます。特に個室の場合は、照明や空調設備などでもコンセントを使うため、多めに設置しておくことをおすすめします。

 

窓はなくても空調設備には配慮する

「長居しない」と思って空調をつけていないと、夏は暑くて全く使えない、ストーブは危なくて使用できないなど、使い勝手が悪くなってしまうこともあります。個室の書斎は、窓はなくてもOKですが、エアコンや換気扇をつけて空気の入れ替えができるようにしておきましょう。

 

リフォームで快適な書斎を手に入れましょう

書斎リフォームの方法や費用、注意点などを紹介しました。間取りによってリフォーム方法が変わること、個室・オープン型で費用が大きく変わることが分かりましたね。書斎をつくる際は、そこが落ち着ける空間であるかどうかも重要です。狭い部屋が好き、オープンスペースの方が集中できるなど、落ち着ける場所は人それぞれ違うので、自分に合った書斎をイメージすることが大切です。