【マンションのお風呂リフォーム】ユニットバスの交換時期や費用・施工期間

 

マンションのお風呂は、浴室と浴槽が一体となったユニットバスが多いです。そして、ユニットバスには寿命がありますが、適切な時期に交換することで割れやヒビ、水漏れなどを防ぐことができます。

ここでは、マンションのユニットバスの交換時期や、リフォーム費用、施工期間を紹介します。

マンションのユニットバスをリフォーム(交換)する時期は?

ユニットバスの寿命は、約30年と言われています。30年以上経過すると、目地のカビが取れなくなったり、浴槽にヒビや割れが生じたりなど、見た目で劣化を感じるようになります。

そのまま使い続けることで浴槽や浴室の防水性が低下し、他の部屋でも湿気によるカビが発生することもあります。割れやヒビによってケガをすることもあるので、ユニットバスの劣化を感じたら、早めの交換がおすすめです。

マンションのユニットバスのリフォーム費用

ユニットバスのリフォーム費用は、ユニットバスのグレードによって変わります。

ユニットバスには大きく分けて3つのグレードがあり、最も高価なクラスで80万円以上ミドルクラスは50万円~80万円ベーシッククラスは30万円~50万円が相場となります。これは本体価格なので、別途工事費用がプラスされます。工事費用は30万円~50万円かかることが多いです。

浴室の広さ・オプションでも費用が変わる

浴室のリフォーム費用は、浴室の広さやオプションによって変動していきます。

床や壁の材質を最新のものに変える、シャワーなどの設備を交換するなど、どんな浴室に作り変えたいかによって費用が変わります。子どもや高齢者に優しい設計にしたい、設備を最新にしたいなど、具体的なイメージがあると、見積もりも立てやすいです。

在来工法の浴室は解体費用がかかる

古いマンションの中には、在来工法の浴槽や浴室を備えているところもあります。在来工法とは、浴槽と床が一体化していない浴室のことです。浴槽を壊す他に、床のタイルや壁を別で解体する必要があるため、ユニットバスを解体するよりも費用と時間がかかります。

マンションのユニットバスのリフォーム施工期間

施工期間は、最短1日、平均3~4日で終了します。施工の流れは以下の通りです。

・既存の浴槽・ユニットバスの解体

・水道・電気工事

・ユニットバスの設置作業

・内装工事と仕上げ作業

お風呂のリフォームは数日間で完了しますし、仮住まいへ移る必要もありません。ただし、工事期間はお風呂が使えないので、近くの銭湯などの入浴施設を確認しておきましょう。

リフォームで安全快適なお風呂を手に入れましょう

マンションのユニットバスの交換時期や、リフォーム費用、施工期間を紹介しました。

お風呂は毎日使う場所でもあるので、ヒビ割れなどの劣化を感じたら、早めにリフォームすることをおすすめします。費用はベーシッククラスでもオプションをつけると、総額100万円はかかることもあります。予算と相談しながら、こうしたいというイメージを叶える安全で快適なお風呂を手に入れましょう。