スケルトンリフォームの費用は?種類で変わる金額・気を付けたいポイント

 

近年人気が高まっているスケルトンリフォームとは、柱などの「骨格」以外をまるごと替えるリフォーム手法のことです。「住居をフルリフォームしたい」というときは、ほとんどの場合スケルトンリフォームを行うことになります。

今回は、スケルトンリフォームの費用や種類、気を付けるべきポイントを解説します。

 

スケルトンリフォームの費用

まずは、気になる費用面についてチェックしていきましょう。費用は、リフォームする建物の種類によって変わります。

マンションの場合は300万円~1,200万円戸建ての場合は500万円~2,500万円が相場と言われています。壁や床の撤去費用・廃棄費用がかかるため、リノベーションなどに比べて費用は高くなります。ちなみに、どちらも坪単価は10万円~60万円と変わらず、広さや部屋数によって総額が高くなります。

また、マンションは出口などを移動することができないため、戸建てに比べると自由度は低くなります。しかし、戸建てに比べて少ない費用で、間取りや水回りの位置などを変えることができます。

戸建てでは、耐震の補強工事や断熱性を高める壁材・床材などを入れることもできます。見た目だけでなく、性能もアップさせることができるのがスケルトンリフォームの魅力でもあります。

 

スケルトンリフォームの種類と費用

内装のみスケルトン、内装外装合わせてスケルトンという種類があり、種類によっても費用が変わります。

 

内装のみスケルトン

外装の傷みがあまりない、外装はそのままにしたい場合は、内装のみスケルトンを行うという方法があります。間取りを変更したり階段の位置を変えたりなど、好きなように内装のレイアウトを変えることができ、外装工事が要らないため、費用をぐんと抑えることができます。

内装のみスケルトンの費用は、500万円~1,300万円(20~30坪当たり)が相場といわれています。

 

内装・外装合わせてスケルトン

建物の構造躯体だけを残して、床や壁などを解体し、リフォームする方法です。解体する部分が多いのと、廃材がたくさん出ること、材料費や手間もかかるため、費用もぐんと高くなります。

内装・外装スケルトンの費用は、1,000万円~1,800万円(20~30坪当たり)が相場です。

 

スケルトンリフォームは後々費用が高くなることも

スケルトンリフォームは、見積もりの金額よりも総額が高くなることがあります。工事の途中で柱や梁、基礎の部分の傷みが見つかった、シロアリ被害が発覚したなど、修復工事が必要になることがあるからです。

基礎の部分から工事が必要になると、新築を立てるのと同じくらいの金額がかかってしまうこともあります。建物内部や基礎の状態は解体してみないと分からないので、見積もりよりも費用が高くなる可能性も想定するようにしましょう。

 

スケルトンリフォームで新築のような住まいを手に入れましょう

スケルトンリフォームは、建て替えと同じくらい、内装・外装合わせて見た目を大きく変えることができます。手を加えるところが多い分、リノベーションや部分リフォームに比べて費用は高くなりますが、それでも新築を立てるよりは安く済ませることができますよ。

こうしたいという理想をイメージして、あなたに合ったリフォーム方法を選択しましょう。