【トイレの壁紙】おしゃれや機能性も考慮したおすすめの選び方

 

トイレのリフォームで壁紙選びに苦労する方も多いと思います。その中でもトイレは狭く壁紙によっては圧迫感がでるため、壁紙選びは慎重にしたいですよね。

この記事では、トイレのリフォームで参考にしてもらいたい壁紙の選び方について紹介します。

 

トイレの壁紙はアレンジ次第でおしゃれに!おすすめな選び方のポイント

トイレは狭い空間だからこそ、壁紙選びは大切です。そして、トイレの壁紙はアレンジを加えるだけでオシャレに早変わりします。

そこで、どのような点に気をつけて壁紙を選ぶといいのか、3つのポイントを紹介します。

 

柄や色で選ぶ

トイレ空間の雰囲気を変えるなら、柄や色に注目して選んでみてください。

全面を柄の壁紙にしたい場合は、木目調やコルク、レンガ調の壁紙にするとカフェ風に早変わりします。

トイレは4面あるため、1面だけを別の色に変えるアクセントクロスがオシャレです。

アクセントクロスを使う場合は、柄に注意してください。3面もしくは2面が無地の場合は、アクセントクロスを柄ものにしても相性がいいですが、柄×柄になると落ち着きがなくなり、壁紙の良さを半減してしまうのであまりおすすめできません。

アクセントクロスはあくまでも「メリハリをつけるもの」と覚えておくと、壁紙選びも楽になりますよ。

 

風水で選ぶ

風水では、水回りは大切なエリアです。そのため、トイレの壁紙に風水を取り入れている方も多くいます。

例えば、トイレが北向きにあるならホワイトやアイボリーなど、清潔感のある壁紙がおすすめです。南向きにあるなら鮮やかなイエローを主体とする壁紙にしてみてください。

東向きの場合、心を落ち着かせる淡いブルーやグリーンを、西向きなら淡いピンクがおすすめです。

 

機能性で選ぶ

お手入れのしやすさから、機能性で壁紙を選ぶのもおすすめです。

トイレ用の壁紙にはさまざまなタイプがあります。

トイレの臭いが気になる方は、消臭機能を持った壁紙から選んでみるといいでしょう。消臭機能の壁紙には消臭剤が加工されており、臭気ガスに反応して臭いを吸着し消臭してくれます。

またトイレの壁紙は、水はねで汚れやすい場所です。お手入れしやすいよう、汚れ防止機能付きの壁紙も登場しています。

湿気に悩まされている方は、吸放湿機能のある壁紙がおすすめです。この機能は結露の発生が抑えられるので、カビの原因にもなりにくいです。

 

トイレの壁紙選びは雰囲気を大切にしつつ機能性も慎重に

トイレという狭い空間だからこそ、壁紙選びは慎重になります。好きな柄や色で壁紙を華やかにしてもいいですし、風水を取り入れてみるのもおもしろいです。

またトイレは目に見えない汚れも多い場所です。お手入れしやすいよう、機能性も十分考慮しながら壁紙を選んでみてくださいね。