床暖房のリフォーム費用は?種類や工期・設置の長所と短所を紹介

寒い季節も下から部屋を暖めてくれる床暖房は、エアコンに比べて空気が乾燥しない・子どもやペットも安全などの長所があり、近年とても人気を集めています。

今回は、床暖房の設置にかかる費用や、床暖房の種類、工期、長所などを紹介します。

 

床暖房のリフォームにかかる費用は?

床暖房の設置費用は、床に直接貼り付ける場合と、床をすべて張り替える場合とで費用が変わります。

床に直接貼り付ける場合は1畳あたり約5~7万、すべて張り替える場合は約9~11万円ほどかかります。

それに加えて、熱源機を設置する必要があり、熱源機の価格は種類やモデルによって約25万円~100万円と大きく変動します。

 

リフォームで設置する床暖房は2種類

床暖房は、以下の2種類から選ぶことができます。

それぞれに強み・弱みがあり、どんな点を重視して床暖房を設置するのかによって、選ぶ種類が変わります。

 

温水式

床下にパイプを通し熱源機で温めた水を流すタイプです。

設置費用は高くなりますが、電気代が安いという魅力があります。

暖まるまでが早く、リビングなどの広い部屋に向いています。温水式は、熱源機の定期的なメンテナンスが必要です。

 

電気ヒーター式

床下に電熱線入りのパネルを設置するタイプです。

パネルを並べるだけと工事が簡単なため、工期が短く設置費用が安いという長所があります。

ただし、暖まるまでが遅く、温水式に比べて電気代が高いという短所があります。

電気ヒーター式は、狭い部屋で一時的に使用するのに向いています。

 

床暖房のリフォームの工期は最短1日

床暖房の設置にかかる工期は、最短で1日で完了します。

ただし、床を全面張り替える場合や温水式の場合は、パイプを設置するなどの工事が発生するため、長くて1週間かかることもあります。

 

床暖房リフォームの長所と短所

床暖房の設置には、以下の長所と短所があります。

 

長所

・空気が乾燥しにくい

床暖房はエアコンや石油ファンヒーターに比べ、空気が乾燥しにくく汚れないという魅力があります。

ドライアイやお肌の乾燥でお悩みの方や、小さいお子さんの健康が気になるご家庭などに向いています。

・メンテナンスがいらない

床暖房は設置する種類によっては、メンテナンスが不要です。

エアコンは年に数回フィルターや内部を掃除する必要がありますが、床暖房はその必要がなくお手入れがとても楽です。

 

短所

・設置費用が高い

床暖房はエアコンなどの他の暖房器具に比べ、設置費用がとても高いです。

部屋の広さによっては200万円以上かかることもあり、暖房器具にしてはかなり大きな買い物となります。

・暖まるまで時間がかかる

床暖房はエアコンや石油ファンヒーターに比べ、部屋全体が暖まるまでに時間がかかります。

暖まるまでの速度は部屋の構造や地域によって異なりますが、1時間近くかかることもあります。

タイマーを活用するなど、工夫して使用する必要があります。

 

床暖房のリフォームで寒い季節も快適に過ごしましょう

床暖房の設置費用や工期、長所と短所を紹介してきました。

床暖房の設置には、エアコンなどの他の暖房器具に比べ初期費用が高いというネックがあります。

一方で、足元から暖かい、子どもやペットも安全という魅力もあります。

床暖房の設置リフォームで、寒い季節も快適に過ごせる空間を作りましょう。