そろそろ替え時?洗面台をリフォームするタイミングとポイント

洗面台は毎日何度も使う、使用頻度の高い水回り設備のひとつです。

そのため、洗面台を使用している期間が長くなると、長期間の使用による汚れや普段の掃除では完全に取り切れないカビが残っていたり、なにかしらの衝撃をきっかけに陶器部分にひび割れが発生することもあります。

こういった老朽化により洗面台のリフォームを検討されるという方が多いのではないでしょうか。

ほかにも、蛇口の故障や排水トラブルをきっかけに洗面台のリフォームを検討するケースもあるかと思います。

今回は、洗面台をリフォームするタイミングについてと、リフォームを行う際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

洗面台をリフォームするタイミングは?

長年使っている洗面台に気になる汚れやトラブルが発生すると、そろそろリフォームをしたほうがいいのか悩みますよね。

洗面台の一般的な耐用年数と、リフォームを検討してもいい状態を具体的にご紹介します。

 

洗面台の耐用年数

洗面台の一般的な耐用年数は、10年から20年と言われています。

洗面台は毎日何度も使う場所ですので、使用状況やお手入れによっても大きく変わってきますが、特に大きな故障はないものの老朽化が気になる場合はまずはこの年数を参考に検討するといいでしょう。

 

洗面台全体の汚れが目立つ

普段掃除をしていても、老朽化による汚れや取れなくなったカビが目立つ状態である場合、リフォームを検討していいでしょう。

 

水回りの故障

蛇口から水が出なくなったり、中の配管のトラブルを含め水回りの故障がある場合は、洗面台のリフォームを検討していいタイミングです。

長く使用している場合、使っている洗面台の型番が古く、同じ品番の部品が手に入らないこともあります。

 

家族の変化

家族が増えたり、高齢の方が使うことになったりと、家族の変化によりこれまで使っていた洗面台が使いづらくなった際もリフォームを検討していいタイミングです。

 

洗面台のリフォームで押さえておきたいポイント

現在は多くの種類の洗面台があり、どのタイプを選んだらいいのか迷ってしまいます。

洗面台のリフォームを行うにあたり、どのような洗面台を選んだらいいのか、検討時に押さえておきたいおもなポイントをご紹介します。

 

だれがどのように使うのか

家族構成や、だれがどのように洗面台を使うのかをしっかりイメージすることで、細かい条件が明確になってきます。

家族によっては、洗面台は洗顔や歯磨きのみに使う場合もあれば、シャンプーやメイク、ちょっとした洗濯など多目的に使う場合もあり、各家庭それぞれです。

使い方により、洗面ボウルの大きさや鏡の種類、収納キャビネットはどういったものがいいのかなど、選択は多岐に渡ります。

 

洗面台周辺もチェック

洗面台のリフォームを検討するのであれば、洗面台のみだけでなく、その周辺も確認してみましょう。

洗面台と同じシリーズのキャビネットを導入することで、洗面台周辺がより使いやすくなる可能性があります。

 

家族全員が喜ぶ洗面台のリフォームを

洗面台は歯磨きや洗顔などで毎日使うので、どうしても傷みやすい場所です。

洗面台をリフォームするタイミングをしっかりと把握し、家族全員がストレスなく使えそうなものを選ぶといいですね。