トイレはどんなリフォームができる?工期と費用の目安もご紹介

長年の利用による便器の傷みや機能の低下や、排水の異常などをきっかけとして検討されるトイレのリフォームは、水回りのリフォームでも最も施工件数の多い場所です。

 

現在は高機能かつ、従来に比べて大幅に節水が可能な機種も多く販売されています。

将来のことも考えて、機種の交換だけでなく、トイレ全体をバリアフリーにすることを検討される方も多いのではないでしょうか。

 

トイレのリフォームでは、それぞれの世帯の要望や予算に合わせていろんなリフォームが可能です。

今回は、トイレのリフォームではどのような施工ができるのかについてと、おおまかな工期や費用の目安についてもご紹介します。

 

トイレはどんなリフォームができるの?

リフォームと言うと、少し大掛かりな工事をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、トイレのリフォームは便器の交換のみから、配管、壁紙を含むトイレ全体のリフォームまでいろいろなリフォームができます。

トイレはどのようなリフォームができるのか、主な例をご紹介します。

 

便座の交換

和式から洋式スタイルの便座への交換や、高機能で使いやすく節水効果も高い最新型の便座へ変更するなど、便座のみの交換ができます。

便座のみの交換でも、トイレの使い心地は大幅にアップします。

 

トイレ設備一式の交換

便器のみでなく、新しい便器に合わせたトイレットペーパーホルダーなどトイレ設備一式を交換するリフォームです。

新しい便器に最適な設備に揃えることで、トイレ自体の使い勝手がとてもよくなります。

 

トイレ設備の変更と手すりの設置

トイレの設備の交換に加えて、トイレが使いやすいように手すりを設置するなどのリフォームです。

トイレ全体をバリアフリー化でき、小さなお子さんやお年寄りの方でも安全で使いやすいトイレへリフォームすることが可能です。

 

床の張替えやバリアフリー化などを含むトイレ全体のリフォーム

トイレの設備やバリアフリー化のリフォームをする際に、床の張替えや壁紙の変更なども含むトイレ全体のリフォームです。

床の張替えにより清潔さがさらにアップし、壁紙を替えることでトイレ全体の雰囲気も一気に変わります。床板や中の配管を一新することも可能です。

 

トイレのリフォームにかかる工期や費用の目安

リフォームをする際、気になってくるのがその費用や工期です。

トイレのリフォームにかかる大体の工期と費用のおおまかな目安についてご紹介します。

 

トイレ設備の交換

便器のみ、トイレ設備の交換のみは、半日から1日以内に完了すると考えていいでしょう。

 

最新の高機能な便器は10万円台のものがメインで、費用は設備代と工事費となってきます。工事費についてはトイレの広さや排水など周辺設備の工事も踏まえ施工会社により異なりますが、数万円程度が目安となります。

 

床の張替えや手すりの設置を含むリフォーム

トイレの壁や床の配管を換えたり、トイレ全体のリフォームの場合はおおむね数日程度が目安となります。工事の内容にもよりますが、最低2日は必要となる場合が多いでしょう。

 

配管の変更工事を伴う場合は、その分工事費も高くなります。どういった機種や設備を選ぶかにもよりますが、数十万程度を要する工事になるでしょう。

 

目的や予算に合わせたリフォームでより快適なトイレに

現在は高機能で使い勝手がよく、長い目で見ればトイレにかかるコストを抑えることが可能な便器の機種も多くあります。

小さなお子さんやお年寄りがいらっしゃる世帯の場合、トイレをバリアフリー化することで便利さだけでなく安全性が格段に上がります。

 

トイレは家族みんなが毎日使う場所です。予算や希望に合った最適なリフォームをすることで、より清潔で快適なトイレを手に入れたいですね。