庭を駐車場にリフォームする方法とは?費用を抑えるコツも紹介!

自宅の庭を駐車場にリフォームをしたいけど、どのくらい費用がかかるのか不安に感じる方も多いのではないでしょうか。今回の記事では以下のようなことがわかります。

・庭を駐車場にリフォームする種類を費用別に紹介

・庭を駐車場にするリフォームの費用を抑えるコツ

まずは、庭を駐車場に舗装する方法を3つ紹介していきます。

 

庭を駐車場に塗装する方法3選

庭を駐車場に舗装する素材の種類は以下の3つがあります。

・砂利

・アスファルト

・コンクリート

一つ一つ値段が変わってくるので1つ1つ詳しく紹介していきます。

 

①庭を砂利で舗装する

庭を砂利で舗装する費用は、約4万円と最も安価な方法です。さらに、工事をした当日から駐車をすることが可能です。しかし、車のタイヤが通る場所に穴ができやすくなり、雨の日に砂利が流出することがあります。さらに、砂利が古くなってくると砂ぼこりが舞いやすくなるので手入れはしっかりするようにしましょう。

 

②庭をアスファルトで舗装する

庭をアスファルトで舗装する費用は、約14万円です。アスファルト舗装の特徴として、きれいに施工することができます。さらに施工したその日から駐車も可能です。しかし、デザイン性が決まっている点や、古くなると表面がはがれやすくなる点が注意が必要になっています。また、業者によってはアスファルトを扱えない会社もあるので事前に確認しておきましょう。

 

③庭をコンクリートで舗装する

庭をコンクリートで舗装する費用は、約20万円です。コンクリートのリフォームは、きれいに施工でき、デザインも豊富なため、一般住宅の駐車場によく選ばれます。表面が平なため、汚れても水で洗い流すだけで済むので清掃が簡単です。ただし、庭を駐車場にするリフォームの中では一番高額であり。施工から数日間は駐車することができないため注意しましょう。

 

庭を駐車場にするリフォームの費用を抑えるコツ

庭を駐車場にするリフォームは思ったよりも高くなってしまいます。そのため今回の記事では庭を駐車場にするリフォームの費用を抑えるコツを3つ紹介していきます。

・タイヤが乗る部分のみコンクリート舗装に

・複数の業者から見積もりを取る

・見えないところはお金をかけない

1つ1つ紹介していきます。

 

タイヤが乗る部分のみコンクリート舗装に

費用を抑えるコツの1つ目は、タイヤが乗る部分のみコンクリートに塗装することです。全面をコンクリートにするとかなりの費用がかかってきます。そのため、タイヤが乗る部分だけをコンクリートにし、それ以外を砂利で舗装することをおすすめします。費用を抑えつつも泥や砂利の流出を防ぐこともでき、砂利と舗装することで無機質なコンクリートの舗装に彩りが加えることもできます。

 

複数の業者から見積もりを取る

費用を抑えるコツ2つ目は、複数の業者から見積もりを取ることです。複数の業者から見積もりをとることで相場を自分で知ることができ、より安い費用で理想のリフォームをすることに繋がります。なるべく安くリフォームをするためにも、見積もりを事前に見せてもらうようにしましょう。

 

見えないところはお金をかけない

費用を抑えるコツ3つ目は、見えないところはお金をかけないことです。意識して見えないところにお金をかけないことで費用を大幅に抑えることができます。例えば、駐車場のブロックを積み上げるときに、道路から見える場所のみ化粧ブロックを使用して、隣家と接する場所には無機質なブロックを使用するようにすることです。このように、小さな意識をするだけで安くなるので意識しておきましょう。

 

さいごに

庭を駐車場に舗装する素材の種類は、3つありました。

・砂利

・アスファルト

・コンクリート

そして、庭を駐車場にするリフォームの費用を抑えるコツを3つ紹介しました。

・タイヤが乗る部分のみコンクリート舗装に

・複数の業者から見積もりを取る

・見えないところはお金をかけない

今回紹介した3つの素材を組み合わせてリフォームをすることで費用を大幅に抑えることができます。そのため、今回紹介した方法をもとに自宅の庭を駐車場にするリフォームをしてみてはいかがでしょうか。