リフォームをお得にしたい方必見!ポイント制度について解説!

リフォームをお得にしたいけど、どのような制度があるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、高い省エネ機能を有する住宅にリフォームすると、商品や追加工事と交換できるリフォームのポイント制度について詳しく解説していきます。

 

リフォームに使えるグリーンポイント制度

グリーンポイント制度とは、高い省エネ機能やバリアフリー機能を持つ住宅を所有する人に対して、国がポイントを発行する制度のことです。この発行されたポイントは、省エネ工事や子育てに関する商品、防災に関わる追加工事に使用が可能です。しかし注意点として、制度の対象は2020年12月15日〜2021年10月31日までに工事請負契約が締結されたものになっています。グリーンポイント制度が作られた理由として、環境や人に優しい社会を作ることを目的としているからです。こちらの制度のリフォームの対象としては以下の3つとなっています。

・エコ住宅の設備

・開口部の断熱改修

・外壁・屋根・天井・床の断熱改修

一つ一つ説明していきます。

 

①エコ住宅の設備

グリーンポイント制度対象のリフォーム工事の一つ目は、エコ住宅の設備です。エコ住宅の設備の例としては以下のようなものがあります。

・太陽熱利用システム

・高断熱浴槽

・節水型トイレ

・節湯水栓

エコ住宅に向けたリフォームを行う際は、グリーンポイントが付与されるので確認しておくようにしましょう。

 

②開口部の断熱改修

グリーンポイント制度対象のリフォーム工事二つ目は、開口部の断熱改修です。開口部とは以下の部分を指します。

・ガラス

・内外窓

・ドア

このように開口部の断熱改修を行うことによって、冷暖房の利用が少なくなります。、このことがエコに繋がるので、今回の制度の対象になっています。

 

③外壁・屋根・天井・床の断熱改修

グリーンポイント制度対象のリフォーム工事三つ目は、外壁・屋根・天井・床の断熱改修工事です。開口部も含め、断熱におけるリフォームはグリーンポイント制度の対象になってくるので意識しておきましょう。次に、グリーン住宅ポイントの上限について説明していきます。

 

グリーン住宅ポイントの上限

グリーン住宅ポイントの上限は、世帯の特徴や購入条件によって変わってきます。一戸建てあたりの上限は以下の通りです。

若者・子育て世代

・既存住宅の購入あり 60万ポイント

・既存住宅の購入なし 45万ポイント

その他の世代

・安心R住宅の購入45万ポイント

・上記以外30万ポイント

若者の対象は、40歳未満の世帯です。そして、子育て世代の対象は、18歳未満の子を有する世帯、またはポイント発行申請時点で18歳未満の子を有する世帯です。それぞれポイントの上限が変わってくるので自分がどのくらいなのか確認しておきましょう。

 

さいごに

・今回紹介したリフォームに使えるグリーンポイント制度の対象は以下の通りでした。

・エコ住宅の設備

・開口部の断熱改修

・外壁・屋根・天井・床の断熱改修

そして、世帯の特徴や購入条件によってポイントの上限が変わってくるので注意しましょう。付与されたポイントでさらにリフォームをグレードアップすることもできるので、ぜひ制度の活用をしみていはいかがでしょうか。