リフォームの費用はいくらくらいかかるの?部位別の相場や安く抑えるコツをご紹介

中古の物件を購入し、自分好みに作り替えようと考えている方や、長年住んだ家の経年劣化が気になり、リフォームを検討し始める方も多いのではないでしょうか。リフォームをする上で、気になるポイントとして挙げられるものの一つが費用の問題です。リフォームを希望していても、具体的な金額までイメージできている方は少ないでしょう。そこで今回は、リフォームの費用について、部位別の相場や安く抑えるコツを詳しくご紹介します。

 

リフォーム費用はいくらくらいかかるの?

 

リフォームの費用は、希望する工事の内容によって大きく変動します。キッチンだけ、おふろだけなど、建物の一部だけの工事を希望する場合は、200万~500万円が相場です。一方、建物を全体的に作り変える大規模な工事であれば、最低でも1,000万円程度の予算が必要になります。

リフォームを検討している方は、業者に依頼する前に、どの範囲のリフォームを希望しているのか、どれくらいの予算が準備できるのかを考えておくとスムーズに話が進むでしょう。

 

部位別のリフォーム相場とは

 

建物の一部をリフォームする場合の相場を、部位別に見ていきましょう。

リフォーム場所 リフォームの内容 費用の相場
・トイレ 便器の交換など 20万~50万円
・キッチン システムキッチンの交換など
(対面式キッチンへの変更)
50万~150万円
・おふろ ユニットバスの交換など 50万~150万円
・洗面所 洗面台の交換など 20~50万円
・外壁 外壁の塗り直しなど 1坪1万~2万円
・屋根 塗装・屋根の交換など 100万~150万円
・リビング 間取りの変更・クロスの張り替えなど 100万~300万円

部位別の相場を見てきましたが、どの場所でも相場には大きな開きがあります。例えばキッチンの場合、システムキッチンの交換だけの工事なのか、壁向きのキッチンから対面式キッチンへの変更で、水道の配管工事まで必要になる工事なのかなど、リフォームの内容によって費用が変わるのです。また、新しく設置するものの性能、素材、大きさなどグレードによっても相場は異なります。

 

リフォーム費用を安く抑えるコツ

 

リフォーム費用を安く抑えるコツは以下の通りです。

 

・リフォームの目的を決めて、部位別リフォームを行う

・設備や素材のグレードを落とす

・補助金制度を利用する

 

リフォームをする際には、建物のどこに問題があり、どう改善すれば目的を果たせるのかをよく考える必要があります。事前に目的を把握しておくと、業者との打ち合わせの中で、必要のないオプションやサービスを提案された際に、きっぱりと断ることができるでしょう。

リフォームの工事内容の打ち合わせをしていると、すべて最新の性能がいいものを選びたくなります。しかし、設備や素材のグレードを上げてしまうと、一気に予算オーバーを起こしてしまいがちです。リフォーム費用数十万円~数百万円の話をしていると、1万円や5万円のオプションに「安い」と感じてしまうこともありますが、安易にすべてを契約してしまわないよう気を付けましょう。

 

リフォームの目的と予算をはっきりさせて、リフォームの打ち合わせに臨もう

 

今回は、リフォームの費用について、部位別の相場や安く抑えるコツをご紹介しました。リフォーム費用は、工事の内容や選ぶグレードによって大きく変動します。リフォームする目的を前もってはっきりさせておくことで、打ち合わせでの判断基準が明確になります。リフォームを検討している方は、目的と予算をはっきりさせてから、業者との打ち合わせを行いましょう。