リフォームと建て替えの違いとは?メリット・デメリットを徹底解説!

ご自宅の劣化や、子供が生まれるといった家族構成の変化によってマイホームの改修が必要になります。その場合頭を悩ませるのが、「リフォームor建て替え」の選択ではないでしょうか。今回の記事ではそれぞれ2つの改修工事の方法の説明とメリット・デメリットを紹介していきます。どちらがご自身にとってお得なのかを考えてみましょう。まずは、リフォームについて紹介していきます。

 

リフォームとは

リフォームとは、既存の基礎的な部分は残した状態で、部分的に改修・修繕・増築し新築同様の状態にすることを指します。改修工事としては以下のようなものがあります。

・水廻り・屋根・外壁のみの部分リフォーム

・目に見えるもの全てを新しくするフルリフォーム

リフォームはこのように様々な種類があるので、値段も大きく変わってきます。次に、リフォームのメリットとデメリットを紹介していきます。

リフォームのメリット

リフォームのメリットは以下の通りです。

・コストがお得

・工事の期間が短い

・必要な部分のみ改修が可能

固定資産税・不動産所得税などの各種税金の軽減が可能

リフォームは、住み慣れた家をそのままにすることができることが最大のメリットと言えます。一部だけを新しくするため、家全体の住み心地は変わりませんし、愛着のある家の雰囲気もそのままにすることができるのではないでしょうか。

 

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットは以下の通りです。

・追加料金が必要となる場合がある

・劣化が激しい場合、補修費用が追加でかかる

・建て替えに比べ自由度が低い

このように、リフォームのデメリットは一部分のみを改修するため、間取りの変更などの大掛かりなデザインの変更はできません。例えば、子供の成長にともなって子供部屋を新たに作る場合などは、リフォームでは対応できません。

 

建て替えとは

建て替えとは、既存の住宅を基礎部分から取り壊し、新たにゼロから住宅を建築することを指します。そのため、自由に設計をすることができます。しかし、全ての住宅が建て替えれるわけではありません。「建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ、原則として建て替えができない」といった制約があるので、ご自身の住宅が建て替えできるのか事前に確認しておくようにしましょう。次に、建て替えのメリットについて紹介します。

 

建て替えのメリット

建て替えのメリットは以下の通りです。

・間取りや設備などの不満をほぼ解決できる

・リフォームよりも比較的簡単に多額のローンを組むことができる

このように自由度と長期的視点を選ぶなら建て替えの方がリフォームよりもお得と言えます。

 

建て替えのデメリット

建て替えのデメリットは以下の通りです。

・コストが割高になる

・工事の期間が長い

・固定資産税・不動産取得税などの各種税金がかかる

・法律によっては建て替えることができない

このように建て替えは費用が多くかかり、仮住まいへの引っ越しも必要になってきます。長い時間がかかるため事前にどのくらいかかるのかを調べておくようにしましょう。

 

さいごに

リフォームと建て替えについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介しました。しかし、住宅ごとに条件が大きく異なるといったことがあるので、一概にどちらを選択するべきとは言い切ることができません。そこで、リフォームか建て替えかで悩む前に、まずは建て替えや大規模リフォームが得意な、地元の建設会社に相談することをおすすめします。そして、複数の会社に見積もりを依頼し、最も納得できる説明・提案をしてくれる所と契約するようにしましょう。