リフォームが安い時期とは?メリットも詳しく紹介!

リフォーム工事を行いたいけどお得にリフォームする方法を知りたい方も多いのではないでしょうか。今回の記事ではリフォーム工事が安くなる時期を紹介していきます。実はリフォームが安くなる時期にリフォームを行うことでメリットもたくさんあるので1つ1つ紹介していきます。まずは、安い時期について説明します。

 

リフォームの安い時期とは

リフォームの安い時期は2回あります。

・クリスマス・年末年始

・住宅設備メーカーのモデルチェンジ期

それぞれ1つ1つその理由を紹介していきます。

 

クリスマス・年末年始

リフォームの安い時期の1つ目は、クリスマス・年末年始です。この時期はリフォーム業界においても1年で最も業務が暇になる閑散期です。その理由として、クリスマスや年末年始などイベントの多い冬場はゆっくりと過ごしたいとお考えのご家族が多くリフォーム需要は低めとなります。

 

住宅設備メーカーのモデルチェンジ期

リフォームの安い時期の2つ目は、住宅設備メーカーのモデルチェンジ期です。時期としては、2月〜4月ごろです。この時期は。LIXILやクリナップ、TOTOなどの大手住宅設備メーカーがモデルチェンジや新商品をリリースする際の発表会が行われます。その時期に合わせて、リフォーム会社では旧モデルのセールが行われる可能性が高くなります。事前に調べておくようにしましょう。

 

安い時期にリフォームを行うメリット

繁忙期を避けた安い時期にリフォーム工事を行うことで、特別に工事費用が安くなること以外にも質の高いリフォーム工事を実現できることができます。その理由としては以下の3つがあります。

・施工前に時間を取れる

・人手不足による施工不良の回避

・品不足による工期の遅れ防止

1つ1つ紹介していきます。

 

施工前に時間を取れる

閑散期であるリフォームが安い時期は、施工前の時間を十分に取ることができます。施工前の時間は施主様とリフォーム会社の方との打ち合わせの時間になります。十分な打ち合わせをせずにリフォーム工事を始めてしまうと、思っていた仕上がりと全然違った、不必要な工事が追加されていたなどのトラブルに発展するケースが高くなります。そのため、施工前に時間が十分にあることで、リフォーム工事の具体的な内容説明や対応が難しい小さな要望などを聞き入れてくれる可能性が高くなります。

 

人手不足による施工不良の回避

リフォームの安い時期である閑散期は、人手不足による施工不良の回避ができます。繁忙期は人手が不足します。そのため、と職人の技術力や生産性が低下し、施工精度が落ちて施工不良や工期の遅延を招く原因に繋がります。しかし、安い時期にリフォームを行うことで無理のないスケジュールで施工精度の高いリフォーム工事を実現することも可能になってきます。

 

品不足による工期の遅れ防止

リフォームの安い時期は、品不足による工期の遅れの防止につながります。繁忙期にリフォームを依頼してしまうと品不足などが起こり、工期が思っていたよりも長くなってしまうことがあります。その一方で閑散期は、比較的安易に職人のスケジュールを確保することができ、住宅設備・内装材メーカーの品不足も解消されます。そのため工期が遅れることなくスムーズに質の高いリフォーム工事を行うことができるのです。

 

さいごに

リフォームが安い時期は以下の2つでした。

・クリスマス・年末年始

・住宅設備メーカーのモデルチェンジ期

そして、安い時期にリフォームを行うメリットは以下の3つでした。

・施工前に時間を取れる

・人手不足による施工不良の回避

・品不足による工期の遅れ防止

このため、リフォーム工事を検討しているのであれば、繁忙期を避け閑散期にリフォーム工事をすることをおすすめします。ぜひ、時期を考えてリフォームを行うようにしましょう。